パソコン便利機能

Windows10ショートカットアイコンの作成方法 | 現役エンジニア&プログラミングスクール講師

https://howahowablog.com/it-school-information/

目標

ショートカットアイコンの概要を理解して利用できる

ショートカットアイコンの概要と利用方法

ショートカットアイコンの概要

パソコンには沢山のフォルダがあります。フォルダはその中にフォルダを準備してファイルを保管したり、更にファルダを保持したりと階層化されていたりします。ショートカットアイコンはそういった階層化されたフォルダの中にあるファイルへのアクセスをデスクトップなど人がアクセスしやすい場所から行える機能です。

ショートカット…アクセスしたいファイルへの近道のこと
ショートカットアイコン…ショートカットをするためのアイコンボタンのこと
パス…ファイルのありかまで辿ったフォルダの連なりのこと

ショートカットアイコンの利用方法

ショートカットアイコンの利用方法

ショートカットアイコンの確認

上の画面にはショートカットアイコンが作成され並べられています。左下に矢印がついたアイコンがショートカットアイコンです。キャプチャには全部で14個のショートカットアイコンが並べられています。

このデスクトップに「ごみ箱」と「ショートカットアイコン」以外は基本的に置かないのがお勧めです。容量の大きなフォルダなどが多く置かれるとOSの起動を遅らせる原因になります。

ショートカットアイコンの作成

今回はWindows10の環境でWordの起動ファイルへのショートカットアイコンの作成していきます。Excelなども同様の手順で行えるので参考にしてください。

Windowsのスタートメニューからアプリケーションのリストを表示し、Wordを探します。

Wordが見つかったら右クリックをしてください。

右クリック後は「その他」 > 「ファイルの場所を開く」と進みます。

ショートカットアイコンの一覧が収められているフォルダが表示されます。この中から「Word」を選択して「コピー」を行います。ショートカットキー「Ctrl +C」でも構いません。

デスクトップの任意の位置(青い部分であればどこでもいいです。)で右クリックをします。

下キャプチャにあるような表示が現れますので「貼り付け」を選択します。

もし「貼り付け」が選択できない場合は「コピー」がうまく出来ていないので、コピーからやり直します。

「Word」のショートカットアイコンが作成されます。

ショートカットアイコンで指定したファイルの実際の位置の確認

Wordのショートカットアイコンを右クリックして「ファイルの場所を開く」を選択します。

実際の起動ファイルが表示されます。(下キャプチャ)起動ファイルの名前は「WINWORD.EXE」です。

「スタートメニューのアプリ一覧」や「ショートカットアイコン」、「タスクバーにピン留めされたアイコン」は実はこのCドライブあるProgramFilesの中にあるMicrosoftOfficeの中にあるrootの中にあるOffice16の中にある「WINWORD.EXE」を起動してくれています。

パスについて:CドライブあるProgramFilesの中にあるMicrosoftOfficeの中にあるrootの中にあるOffice16の中にある「WINWORD.EXE」のように「●●のフォルダの中に▲▲フォルダの中の■■フォルダの中の…」の部分がパス(通り道)と言われるものになります。

エクスプローラーでパスが確認できます。

上の赤枠の部分をクリックすると「¥」マークで区切られた「Cドライブ → ProgramFiles → MicrosoftOffice → root → Office16」が確認できます。

以上で、ショートカットアイコンの作成手順の記事を終わります。

参考:パソコン選びのアドバイス

【パソコン選び】失敗しないための重要ポイント | 現役エンジニア&プログラミングスクール講師【パソコン選び】失敗しないための重要ポイントについての記事です。パソコンのタイプと購入時に検討すべき点・家電量販店で見かけるCPUの見方・購入者が必要とするメモリ容量・HDDとSSDについて・ディスプレイの種類・バッテリーの持ち時間や保証・Officeソフト・ウィルス対策ソフトについて書いています。...

ブックマークのすすめ

「ほわほわぶろぐ」を常に検索するのが面倒だという方はブックマークをお勧めします。ブックマークの設定は別記事にて掲載しています。

「お気に入り」の登録・削除方法【Google Chrome / Microsoft Edge】| 現役エンジニア&プログラミングスクール講師「お気に入り」の登録・削除方法【Google Chrome / Microsoft Edge】について解説している記事です。削除方法も掲載しています。...
RELATED POST
パソコン便利機能

Snipping Tool/Windowsショートカットキーでのスクリーンショット | 現役エンジニア&プログラミングスクール講師

2022年4月3日
プログラミング学習 おすすめ書籍情報発信 パソコン初心者 エンジニア希望者 新人エンジニア IT業界への就職・転職希望者 サポートサイト Programming learning Recommended schools Recommended books Information dissemination Computer beginners Prospective engineers New engineers Prospective job seekers in the IT industry Support site
パソコン便利機能

Windows11|コマンドプロンプトの起動方法 | 現役エンジニア&プログラミングスクール講師

2023年6月23日
プログラミング学習 おすすめ書籍情報発信 パソコン初心者 エンジニア希望者 新人エンジニア IT業界への就職・転職希望者 サポートサイト Programming learning Recommended schools Recommended books Information dissemination Computer beginners Prospective engineers New engineers Prospective job seekers in the IT industry Support site
パソコン便利機能

Windows10のデュアルモニター設定 | 現役エンジニア&プログラミングスクール講師

2022年4月7日
プログラミング学習 おすすめ書籍情報発信 パソコン初心者 エンジニア希望者 新人エンジニア IT業界への就職・転職希望者 サポートサイト Programming learning Recommended schools Recommended books Information dissemination Computer beginners Prospective engineers New engineers Prospective job seekers in the IT industry Support site
パソコン便利機能

Googleスプレッドシートの利用方法_家計簿を作って共有する(2)| 現役エンジニア&プログラミングスクール講師

2022年3月27日
プログラミング学習 おすすめ書籍情報発信 パソコン初心者 エンジニア希望者 新人エンジニア IT業界への就職・転職希望者 サポートサイト Programming learning Recommended schools Recommended books Information dissemination Computer beginners Prospective engineers New engineers Prospective job seekers in the IT industry Support site
パソコン便利機能

Windowsが64ビットか32ビットかを確認する方法(Windows10)| 現役エンジニア&プログラミングスクール講師

2022年3月23日
プログラミング学習 おすすめ書籍情報発信 パソコン初心者 エンジニア希望者 新人エンジニア IT業界への就職・転職希望者 サポートサイト Programming learning Recommended schools Recommended books Information dissemination Computer beginners Prospective engineers New engineers Prospective job seekers in the IT industry Support site
パソコン便利機能

Googleスプレッドシートの利用方法_家計簿を作って共有する(3)| 現役エンジニア&プログラミングスクール講師

2022年3月28日
プログラミング学習 おすすめ書籍情報発信 パソコン初心者 エンジニア希望者 新人エンジニア IT業界への就職・転職希望者 サポートサイト Programming learning Recommended schools Recommended books Information dissemination Computer beginners Prospective engineers New engineers Prospective job seekers in the IT industry Support site